ヤマハ発動機販売株式会社
Yamaha Motor
 

リリース

2010年09月10日 13時20分 [調査・報告]

【バイクイベントレポート】2,200名のDragStarライダーが集う! ドラッグスターミーティング北海道、長野、九州の3会場で開催!

1000台が並んだDragStarシリーズ専用駐輪場

 ヤマハ発動機販売株式会社は、『5th DragStar Meeting』(第5回ドラッグスターミーティング)を9月5日(日)、信州八ケ岳富士見高原スキー場(長野県諏訪郡富士見町)にて開催。今年は同日に、ホテルマウントレースイ(北海道夕張市)と阿蘇いこいの村(熊本県阿蘇市)を加えた3会場にて同時開催しました。
 このイベントは2006年にDragStar誕生10周年を記念して富士見高原スキー場にてはじめられ、地元富士見町や会場の富士見高原スキー場の協力を得て今年で5回目の開催となりました。各会場ともに、オーナーどうしの仲間で、ご家族や友人と、ショップのツーリングで、お一人での参加など多くのDragStarファンが集まり、装備品自慢や情報交換などDragStar談義で交流を深めるシーンがあちらこちらで見られました。

 まだまだ残暑がきびしい長野会場では、全国から約1000台、1500名の皆さんが来場。長野会場からは、Ustreamにてライブ中継を行ない、残念ながら会場に行けなかった人にもご自宅からイベントの様子を見ることができるシステムを取り入れ好評を得ました。
 イベントでは「チャリティオークション」「遠くから来た方や一番高齢の方の表彰や紹介」「そば打ち体験」盲導犬を育成するための「ヤマハナイスライド募金贈呈式」などが行われ、また実際に「盲導犬体験歩行」のコーナーも設けられました。参加者は、地元富士見町の協力で、きのこ豚汁やコーヒー、焼きとうもろこしやポテト、餅つき大会などのサービスを受け、秋の味覚を楽しんでいました。また今年から全会場にてオリジナルTシャツの販売があり、来場記念やお土産に購入する人も多数いらっしゃいました。
 今年で2回目迎える北海道会場では、小雨に見舞われ午後のイベントが屋内で行われました。会場のある夕張には道内各地から約170台のDragStar・300名が集まりました。
 また、はじめての開催となる九州会場は、ライダーにとって九州地方メッカである熊本阿蘇山近郊で行なわれました。天候にも恵まれ約 220台・400名が九州を含む西日本全域から集まりイベントを満喫し、今後の開催継続を願う声も多数聞かれました。
 このように第5回目を迎えた「DragStar Meeting」は、会場も3カ所に広がり、文字どおり全国のDragStarファンが、参加できる大きなイベントに発展しました。


■ドラッグスターミーティング(イベントレポート)
http://blog.yamaha-motor.jp/2010/09/20100907-001.html?news=nr_1009101

■クルーザーワールド(ドラッグスター)
http://www.yamaha-motor.jp/mc/world/cruiser/?news=nr_1009102


<お問い合わせ先>
-----------------------------------------------------
ヤマハ発動機販売株式会社
営業企画部
広報担当:宮本義信
〒108-0073
東京都港区三田3-10-1アーバンネット三田ビル8F
TEL: 03-5442-8014  FAX: 03-5442-7135
miyamotoyoshinobu@yamaha-motor.co.jp
-----------------------------------------------------

関連URL:http://blog.yamaha-motor.jp/2010/09/20100907-001.html?news=nr_1009101

年別:

カテゴリ別:

ページの先頭へ
Copyright © Yamaha Motorcycle Sales Japan Co., Ltd.